子育て

コロナ対策としての「9月入学制導入」ってどうなんだろう?!(保護者視点)

コロナ休校が長期化する中、「もう始業を9月からにしたらいいんじゃない?」という議論が盛り上がっていますね。

最初に、小池都知事の会見でその話を聞いたときは「いいねっ」と思ったのですが、その後、各有識者の賛否両論を拝見していく中で・・・

コロナ渦で、なし崩し的に進めちゃいけない議論なんじゃないか?

と、個人的には思い始めてきております。

世の中の賛否両論をまとめながら、「コロナ対策としての9月入学制導入」を、考えてみました。(教育者ではないので、1保護者&1市民の視点で)

9月入学制を導入することのメリットは

9月入学制にするとどんなメリットがあるの?ということですが、賛成派の主張はこんな感じ。

9月始業がグローバルスタンダードだ!論

  • 9月始業がグローバルスタンダードだから(それは、そうなんでしょう)
  • グローバルスタンダードに合わせると海外の優秀な留学生が日本の大学にきてくれる(本当か?)
  • 日本の学生も海外の大学にも行きやすくなる(ってことは、今までは始業タイミングの問題で行けてなかったの?)

どれも、「ホォ〜。なるほどね」と思う内容ではあるのですが、、、

…。あれ?でも、コロナ禍では、そもそも国外への移動とか無理じゃないっすか?

という疑問が起こります。

アフターコロナで享受できるメリットという話なんだとは思いますが、それって、アフターコロナで使えるトラベルチケット制度を導入します!」みたいな施策を、コロナ中の対策よりも優先するってことになっちゃいませんか・・・?(^^;

今じゃないでしょっ!!!!(林修先生ふうに)

と思うのは、私だけかな?!

コロナ対策としての9月入学制の導入メリットとは?

コロナ対策としても有効なんです!

とおっしゃる方の主張は、こんな感じでしょうか。

  • 授業が開始できていない学校とできている学校の格差が広がっているので、一律、9月に合わせた方が格差是正になる
  • 受験生の勉強時間が減ってかわいそうだから

格差問題も、受験生の不安な状況もすごく納得感があります。

しかし、私が思うに、この2つの問題は実はそれぞれ関係していて、

コロナで学びが止まっている学校の受験生が不安を抱えてていて、コロナでも学びが止まっていない学校の受験生は何ら不利になっていない (のではないか?)

ってことなのではないでしょうか?!

9月入学導入には「学びを止める言い訳」になるリスクあり

整理してみると、やっぱり問題は、コロナのような出来事によって学びが止まっているしまう現在の教育環境」(=教育の対地球環境に対する脆弱性ではないでしょうか。

9月入学で格差はむしろ広がるのでは?

A.何にも進んでいない一般的な公立校(大多数)と、B.すでにオンライン授業が開始されている一部の公立校+ほとんども私立校の様子を見ていると、9月入学になったとしても、A群の学校とB群の学校との格差が是正される雰囲気は感じません。

先に走り出せている学校は、「オンラインの達人」になり、今後、台風とか自然災害があっても学びが止まらない仕組みを盤石化させるんじゃないんでしょうか。

昨今、地域の単位で見たら、しばらく休校になっちゃうレベルの自然災害は、毎年起きてますよね〜。大雨やら台風やら。これって、地球の環境変化を鑑みれば、今後もっと増えていく傾向なんじゃ??

一方で、現時点でプリント一枚配られていない学校の教職員の皆さんは、9月入学制度の導入が決まったら、

よかった〜。ゆっくり準備できる〜。(ほっ)

ってなると思いますが、、、

いやいや!!!もうコロナが始まってから3ヶ月も経過してるんで!!この3ヶ月で何もできない体制なら、結局9月になっても何もできないんじゃ・・・?

という不安が募ります。(+_+;

立教大学経営学部教授・中原淳先生の分かりやすい説明

私は、教育新聞(電子版はこちら)の記者をしておりまして、立教大学経営学部教授・中原淳先生の「オピニオン」という記事の編集を担当させていただいているのですが、中原先生の説明は、いつもすっごく分かりやすいので、ぜひ皆さんにもご紹介したいです!

この緊急事態下では「学びを止めないこと」に「ブレない軸」を持つべし!(中原淳教授のブログ)

僭越ながら、中原先生の論旨を要約させていただきますと・・・

9月入学制度には賛成だし、いずれやったらいいと思います。

が・・・今じゃないでしょっ!!!

緊急事態下では、あれもこれもはできません。

今このタイミングで、国家全体の貴重なリソースを「グローバルスタンダードに合わせようぜ」に投下するのではなく、「今後数年、何があっても学びが止まらない社会基盤づくり」に集中させるべきではないのでしょうか?!

わっかりやすい〜!!!その通りですねっ!!!

「グローバル化のメリット」と、「それを入れるべきタイミングは今なのか?」という議論は、切り分けて考えるべきかと、私も思いました。

国家全体の貴重なリソースでいうと、、一部では生活苦で自殺者も出ている中で、政府のリソースの一部が、「始業タイミングのグローバルスタンダード化の検討」に割かれている状況なんだと思います。(そう考えると、この議論・検討にリソースを割いている事は本当にやばい気がしてきました)

ってゆーか、

豊富な奨学金制度が完備されていて、学生全員にタブレットとpoket WiFiを無料で支給し、通学できなくなっても学びが止まらない教育システムの日本(でも4月始業だけどね)

↑こっちの方が、海外の優秀な学生を集められるんじゃないんでしょうか??

※今このタイミングで9月始業への変更を推し進めるよりも、コスパも絶対良いと思います!!!

現行の入学年度の後ろ倒しでの9月入学は、世界最遅の小学生を作る!?

ちなみに、、このコロナ渦での9月入学制導入には、もう1つ大きな問題があるんです。

えっと。現在から後ろだおす形で9月入学にすると、7才になってから小学1年生になる子がでますね?

ヨーロッパ在住のママ友から、「こっちは、6歳になる年の9月から小学校が始まるけど、その半年前からプリスクール的な所に通う子供も多いよ」という話を聞きました。

世界では、5才の途中から1年生になる子が多いのに、日本は7才の途中から一年生

って。これがグローバルスタンダードに合わせることになるのか?!(いや、ならないだろう!!!)

日本の未就学児童に対する幼児教育が、世界でもずば抜けて優れているのであれば良しかもしれませんが、今現在、そうではありません。

人間の脳は、7才までに基本的な思考パターンは固定化されてしまうという脳科学的な側面もあるのにも関わらず、これは非常にまずいと思いますっ!!!!

という事で、、、私は、「コロナ渦で現行から後ろ倒しにする形で9月入学制を推し進めること」は辞めた方がいいんじゃないかと感じております。

混乱の時だからこそ、国民みんなが、自分なりの意見を持って声をあげたほうがいいと思うので、このようにブログ書かせていただきました。

100年に一度と言われる大混乱の中、国という大きな船の舵取りをするのは本当に大変だと思います。

そんな時だからこそ、「批判しかしない国民その1」になりたくないなと思うのですが、、もし、この流れが進むようなら、ちょっと・・・声を挙げたいです〜っ!!!国のより良い未来のために。

 

 

本日も、ぱぱままSTARTUP(パパママ スタートアップ)のブログを最後までお読みくださってありがとうございました〜!!!

ABOUT ME
森田 亜矢子
子育てマーケター/マザーズティーチャー/TCS認定コーチ/企画ディレクター/ラーニングファシリテーター/2児のママ
\子育てを通じて自分をアップデート/

ぱぱままSTARTUPは、子育てを通じてパパ・ママの自己変革&自己成長をサポートするメディアです。

子育てを通じて自己変革&自己成長するための思考術を、体系的に学びたい方に向けたプログラムを用意しています。子育ての悩みも解決しますので、ぜひ詳細をご覧ください!

プログラム詳細を見る