子育て

『保護者へ丸投げ型・・』のその後|学校は子供達のやる気スイッチを押す場所だ

先週のこちらの記事から1週間がたち、展開がありました〜!!

先週私が持っていったデジタル手書きお手紙の内容をしっかりと受け止めてくださって、「時間割が子供たち本人に向けたひらがな表記」になっておりました〜!!!!(祝)

2週目の新小1・自宅学習の時間割はこちら

ありがたやぁ〜!!!!

この時間割をみて、娘自身も、

(私向けの奴だ・・読まなきゃ・・。)

と思えたような様子が伺えました!!

『保護者へ丸投げ型・時間割ベースド自宅学習から、『保護者がサポート型・時間割ベースド自宅学習』に進化したって感じですね!

昨日、連絡登校日でお会いした担任の先生は、

担任の先生
担任の先生
森田さんの手書きのお手紙がすごくわかりやすくて本当に助かりました!ありがとうございます!

とおっしゃってくれて、こちらもすごく嬉しかったです。

保護者が声をあげるとき、常に脳裏には

モンスター・ペアレンツと思われたらどうしよう・・・学校で子供が辛いめにあって欲しくない・・

という思いがありますから、受け止めて対応をとってくださったことに、大変感謝するとともに、安堵のため息が出ました。

いや〜先週の水曜にお手紙をお渡しし、その週の金曜にはご対応いただいていたので、本当に本当に感謝です!!!!

でも依然として残る『学びのモチベーション』問題

じゃあ、時間割が子供本人向けのひらがなになったし、自宅学習はうまくいくかな。

というと、そうは行かなそうです。。。

そこに立ちはだかるのは、「自宅で親以外からのモチベート&プレッシャーがない状態で、自らを律しながら勉強に向かうこと」という、『学びのモチベーション』の問題です。

事例で説明:「コロナ太りを解消したいのに1日たった5分の運動すらできない私」

どういう問題かというと、私の事例で説明しましょう。

()は子供の状況に置き換えた話です。

  1. 【外的動機付け】
    コロナ太りが気になっている。無視できないレベル。毎日何かしら運動に取り組むべきと薄々気づいている。周りのママ友もLeanBodyなどに入会し始めている。(=小学生になったから勉強しないといけない)
  2. 【具体的アクションプラン】
    とりあえずハンズクラップを毎日5分やろうという具体的行動プランも定まった(=やるべきことの具体策として時間割がある)
が、しかし!!!!怖いくらいに、全然できてない〜!!!たった5分なのに!(涙)

という状況なので、時間割を全くこなせていない娘に、何も言えない私です・・・。

やらなきゃいけないよ!と誰かから言われる「①外的動機付け」と、「②具体的アクションプラン」が揃っても、それでも「自宅」という自分にとってホッとできて素の自分でいられる聖域(サンクチュアリ)の中では、理想に向かって動けないのが人間という生き物です!!!

できる人ももちろんいると思いますが、「私自身はできない人」であり、家の中ではなかなか根性も出てこないので・・(^^;

誰か家族以外の他の人から、毎日「今日も頑張ろうね!」と一言声をかけてもらえたら、、、できそうな気がする!!!のは、私だけでしょうか?!

学校内での”お勉強”は、先生からの「勇気付け」&「承認」のシャワーで成り立っている

昨日の連絡登校のやり取りで、娘がやったプリントに、すごいスピードで目を通してくださって、その場で「丸つけ」をしてくださった先生。

担任の先生
担任の先生
わぁ〜!ここの字は、ハナマルだね!!すっごく上手にかけてる!!
・・・。(すっごく嬉しそうな顔)

このやり取りをみていて、ハッと気づきました。

先生、、親からの「勉強しなくていいの〜?」の声がけが、もはやなんの効力も発揮しない状態になっています・・・。先生からの「すごいね!」の一言は、子供にとっての影響力が全然違うんですね!!家族以外からの承認って、不可欠なんだなと感じました。
担任の先生
担任の先生
まさに、そうなんです!!学校の勉強も、それでもっていると言ってもいいくらいなんですが、とにかく褒め続けて勇気付けてあげることが大切です。

なるほどぉー!!!学校の教室の中でも、先生はそのようなことを意識されていらっしゃるんだなぁ〜。流石です。

先生から毎日5分でいいので、オンライン朝会のようなもので「今日も頑張ろうね!」と声がけしてもらうことって難しいでしょうか・・・。
担任の先生
担任の先生
本当はやりたいんです。。うちの校長は早い段階から、自宅で孤独学習に直面している休校中の子供たちと双方向のコミュニケーションを取れるようにしたいと企画していたんですけどね・・・。教育委員会からストップが入って進めていません。すみません、いろんな事情があるようで・・。

とのことでした。

ウンウン、その「いろんな事情」は、私も23区内のいろんな事例を漏れ聞いております。

子供たちの『学びのモチベーション』のために、進んでもらいたいICT環境整備っ!

すでにICT環境整備が進んでいて、学校と各家庭の子供が、同期・非同期問わず双方向のやり取りができている区の状況はだいぶ違います。

保護者A
保護者A
ネット上で課題の提出や添削ができるから、先生からの「頑張ったね!」のコメントが、子供の学びのモチベーションになってると感じます
保護者B
保護者B
たった5分でもオンライン朝の会でクラスの友達や先生と顔を合わせられることで、生活のリズム作りに役立っていると思います

などの声を聞きます!!

そうですよね〜。。。ICTの力は本当にすごい。このコロナのソーシャルディスタンスを、乗り越えていく力があると感じます。

なんの「承認」や「勇気付け」もないままに、ただでさえダラーっとしやすい自宅で、与えられた課題をこなしていくのは、大人でも至難の業だと思うのです。

子供たちのために!!私たち保護者も、与えられるのを待つだけでなく、自らできることをできることから進めていきたいですね!!

 

本日も、ぱぱままSTARTUP(パパママ スタートアップ)のブログを最後までお読みくださってありがとうございました〜!!!

今、23区内ICT環境整備の進捗状況を草の根的に調べて可視化する活動(こちら)をしております!!そちらにも、ぜひご協力いただけると幸いです!!

 

 

 

ABOUT ME
森田 亜矢子
子育てマーケター/マザーズティーチャー/TCS認定コーチ/企画ディレクター/ラーニングファシリテーター/2児のママ
\子育てを通じて自分をアップデート/

ぱぱままSTARTUPは、子育てを通じてパパ・ママの自己変革&自己成長をサポートするメディアです。

子育てを通じて自己変革&自己成長するための思考術を、体系的に学びたい方に向けたプログラムを用意しています。子育ての悩みも解決しますので、ぜひ詳細をご覧ください!

プログラム詳細を見る